院内設備


受付

受付は、皆様がご来院されたとき、最初にご挨拶をさせていただく、大切な場所です。受付業務には、専門知識を持つ看護師が常駐し、お薬やフード、治療の内容のご説明や急患など、対応させていただいております。ご要望やご質問などがありましたら、どうぞ遠慮なく受付までお申し出いただければと思います。





待合い

大きな窓とガラス張りの玄関からは、明るい日差しが差し込んでいます。フードやトリーツ、シャンプーサプリメントなど、健康に役立つ様々な製品を展示しておりますので、どうぞお手にとってご覧ください。





第1診察室

当院の診察室は、個室ではありません。それはより多くのスタッフが診察の内容を熟知することで、よりよいチーム医療を遂行していくためです。また、スタッフ全員で、ご来院いただいた飼い主様と動物たちをお出迎えさせていただく、ホスピタリティ精神の表れでもあります。







第2診察室

個室になった診察室も完備しています。ウサギ、ハムスター、小鳥などの小動物や、他の動物たちに会うのが苦手な仔達の診察を行います。また、集中治療の可能な入院ケージを備え、綿密な管理が出来るようになっています。ケージや診察台を移動すれば、大型犬の入院やお預かりにも利用することが出来ます。





入院室

入院室は、病院の中央に配置され、常にスタッフの目が行き届くように設計されています。また、他の仔が苦手な動物たちや、感染性の疾患を持った患者さんには、移動式のケージを使用し、個室でのお預かりをしています。










画像診断室

病気の診断を実施する際、血液検査などとともに大きな力を発揮するのが、レントゲン検査や超音波検査などの画像診断です。当院では、獣医教育・先端技術研究所の指導のもと、画像診断の知識と技術の向上に力を入れています。







検査室

ここで血液検査、尿検査、糞便検査、細菌培養などの各種検査を実施します。検体を効率よく処理するための配置が工夫され、また各種検査機器の新機種を導入することにより、検査時間が短縮できるようになりました。






手術室

手術中の動物の状態を把握し、麻酔のリスクを可能な限り少なくするために、呼吸、心電図、体温、血液酸素濃度や二酸化炭素濃度をモニターできる機器を備えています。





薬室

小さな身体の動物たちの様々な症状に対し、体重にあわせて細やかな投薬が出来るように、お薬の種類を揃えています。お薬はすべて手作りで、投薬量を綿密に調整していますので、調剤には時間の掛かることがありますが、少しでも時間が短縮できるよう動線を考えた設計になっています。